MENU
>>ブログを始よう!今なら無料ドメインもらえます!<<

豊洲市場の担当部署幹部は一体誰?盛り土問題で最大の黒幕は誰?

2020 2/09
豊洲市場の担当部署幹部は一体誰?盛り土問題で最大の黒幕は誰?

やはり、発覚しましたね!!

豊洲市場への移転問題で、豊洲市場の主要施
設の地下で土壌汚染対策としての「盛り土」
が行われていなかった問題。

都の担当部署の現在の幹部らが、盛り土が行
われていないことを把握していたにも関わら
ず、連絡していなかったことが発覚しました

もう本当に呆れてしまいますよね!
「連絡忘れてました~」って・・・怒!。

一体、豊洲市場の担当部署幹部って誰なんで
しょうか?

一番責任取らないといけないのは、前任の知
事たちですが、官僚だからって、許される問
題じゃないですよ!これはかなりの責任問題
だと思います!

目次

担当部署幹部は一体誰なのか?

担当部署の歴代の幹部は、建物の地下が空洞
になっていることを、事前に知っていたんで
す!

にもかかわらず、対応を取っていなかった!
というから驚きですよね!

「考えが及ばず反省すべき点」としているそ
うですが、子供でも分かりますよ!こんなこ
と。

現在の担当部署の幹部か、どうかは分かりま
せんが、豊洲新市場の計画に携わった、平成
23年の名簿によると、以下の人たちが関わっ
ていると思われます。

東京都中央卸市場 新市場整備部
施設整備課 青木成昭課長
kj0411
平成23年経済・港湾委員会

中央卸市場 市場長 岡田至
管理部長 塩見清仁
事業部長 横山宏
新市場整備部長 宮良眞
市場政策担当部長 大朏秀次
調整担当部長 森本博行
新市場事業計画担当部長 野口一紀
新市場事業担当部長 志村昌孝
基盤整備担当部長 臼田仁
施設整備担当部長 砂川俊雄

まだ、これだけではないでしょうけどね。
おそらく。

利権という甘い汁に群がっていた人が、これ
からドンドン暴かれていくと思います。

追記:
早速、出てきましたよ!
市場長の比留間英人の経歴とプロフィールとは?

最大の黒幕は誰?

しかし、上記で述べた幹部らは、まだかわい
いものかもしれません。

本当の黒幕は・・・

新聞、週刊誌、テレビなどのマスコミでも報
道されているように、やはりあの人が一番怪
しいと思うんです。

その一人は、

都議会のドン 東京都連幹事長 内田茂
kj0409内田茂氏自らが役員を務める会社、東光電気
は、都が発注した豊洲新市場の関連工事など
も、度々受注していたんです。

普通は考えられないですよね!
自分が関わっている会社が、工事を複数受注
するなんて!

東光電気取締役社長 馬田榮氏と裏で繋がっ
ていると思われても全くおかしくありません
よ。

その額は、37億9千万円と言われています。

そして最大の黒幕!
森喜朗元首相!!
kj0410国民の健康被害など、これっぽちも考えてい
ない彼の頭の中は、東京五輪の利権で得れる
莫大なお金だけでしょう!

東京都知事選で出馬していた山口敏夫氏が、
「森喜朗と内田茂の為の東京オリンピック」
と言ってるぐらい怪しいですから。

本当に、このままでいいのか?!

何千億円とかけて使い勝手の悪い施設、豊洲新
市場。

盛り土されておらず、さらに深刻化する土壌
汚染問題。

しかし、856億円のうち消えた金なんて、微
々たるものなのかもしれません。

本当の闇は、東京オリンピック・パラリンピ
ックの準備運営費2兆円とも言われている
試算の内、考えられないくらい莫大な金額が
誰かの懐に転がり込むことだと思います。

ただの食の問題だけじゃありません。
日本の台所である築地市場の移転先・豊洲が
健康被害の出る市場として世界に発信されれ
ば、どうなるか?

オリンピックより命が大事なんじゃないでし
ょうか?!

今一度、都民そして国民はこの問題を考える
べきだと思います。そして立ち上がるべきだ
と思います。

追記:
そういえば、忘れてはいけない黒幕が
もう一人いました。
この人です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる