Life-Plus50

ニュースを違った視点から見るブログ

政治・社会

18歳以上選挙権年齢、引き下げ!誰に投票する?

18歳以上選挙権年齢、引き下げ!誰に投票する?

18歳以上選挙権、ようやく施行される

19日、改正公職選挙法が施行され
選挙権年齢が「20歳以上」から「18歳以上」
に引き下げられました。

参政権が拡大されるのは、普通選挙権が認められた
1945年以来71年ぶり。

新たに有権者が約240万人増えます。

また、海外だと「18歳以上」ってのは普通で、
ようやく日本も追いついた感じです。

18歳による初の投票機会になりそうなのは
7月3日の投開票が決まった福岡県うきは市長選
(26日告示)や滋賀県日野町長選(28日告示)が
あります。

参院選前の注目の選挙となりそうです。

マスコミの本当の役割

KJ0035
18、19歳の若者の意見が反映されることは
とてもいいことだと思う反面、政治に無関心な
若者が多いのも事実。

この問題は若者だけではありませんが、
今後、どう政治に関心を寄せていくのかが
大事なことだと思います。

連日連夜、報道される政治家の不祥事、事件。

マスコミも、視聴率などを前提とした報道では
なく、もっと政策の内容に踏み込んだ番組作りを
してほしいものです。

ワイドショー的な扱いでしか、政治が報道されて
いない現実は、本当に悲しすぎます。

ワイドショー的なことをやるんだったら
どの政治家が、どんな政策を作ってて、どのような
未来を描いているかなど、将来につながるような
放送をしてもらいたいですね。

本当は、みんな内容に興味があるんですよ!

結果を出してくれる政治家なら、必要な税金は
使ってもらって構わないと思いますしね。

若い人は、

どの人に投票すればいいのか分からない。
そもそもどんな人がいるのかも分からない。

そんな人が多い中、分からないことを伝える、
広めるってのが、マスコミの役割でしょ。

どのTVチャンネルでも同じ内容の放送ばかり
どの雑誌の内容もほとんど同じ。

みんな同じ内容の放送や記事だったら
飽きちゃいますよね。

もっと違った側面からの報道ってのを
やってもらいたいものです。

URL
TBURL

コメント入力フォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top