MENU
>>ブログを始よう!今なら無料ドメインもらえます!<<

電通の組織風土や体質がヤバイ!高橋まつりが命を絶った会社の裏の顔

2020 2/09
電通の組織風土や体質がヤバイ!高橋まつりが命を絶った会社の裏の顔

電通がブラックな組織風土、体質だと話題に
なってます。

電通って何?って初めて聞く人も多いと思い
ますが、大手の広告代理店です。

その会社に入社1年目だった高橋まつりさん
が、過労死で亡くなっています。

そして先月、労災認定されたと報道されてま
したね。

どんな会社なんでしょうね?自殺者を出す会
社って。。しかも過労って。

新人をこき使うってことは、よっぽど能力な
い先輩社員や上司が多いんでしょうねw

目次

電通の組織風土や体質

インターネット広告業務で不正な取引で、
広告主に代金の過大請求を繰り返してい
た電通。

問題発覚後、社長から記者会見前に全社
員に向けた社内メールが送られていまし
た。以下に記載した内容です。

日々、厳しい仕事に直面する中で奮闘してい
る社員の皆さんが、業務上で起こしたミスに
ついて、同じ部署の同僚や上司、共に仕事を
行うチーム内に報告しづらい雰囲気やプレッ
シャーが常態化し、社員の皆さんにとって、
『正直にミスを報告するよりも隠した方が良
い』といった考えが浸透してしまっていると
すれば、そのような組織風土や体質が生じた
原因は、特定の個人や部署にはありません。

そうした風土や気質を放置してしまった当社
グループのマネジメントにこそ、原因があり
ます。

一見、社員に責任はなく経営陣にあると
書いているのですが、真相はそこではなく
このメールを全社員に送ったこと自体に秘密
があります。

「風土や気質を放置してしまった当社グルー
プのマネジメントにこそ、原因があります」
とありますが、こういった問題は、過去からあったのに、ずっと解決してきませんでした

わざわざ出して何をアピールしたいのでしょ
うか?

いっそのこと、電通は『正直にミスを報告
するよりも隠した方が良い』という風潮を
大切にする会社です!
って宣言したほうが
スッキリな感じがしません?

だから今回の亡くなった高橋さんについても
放置ですもんね。

高橋まつりが命を絶った会社の裏の顔

亡くなった高橋さんは東大文学部を卒業後、
昨年4月に電通に入社します。インターネッ
ト広告担当のデジタル・アカウント部に配属
されました。

そして10月になると仕事量が著しく増加し、
時間外労働も大幅に増える状況になったそう
です。

代理人弁護士によると、労働基準監督署が認
定した高橋さんの1カ月の時間外労働は約1
05時間。

しかし、休日出勤や早朝4時・5時までに渡る
長時間勤務、徹夜での勤務なども常態化して
いた事情を考えると「残業時間105時間」と
いう数字は、明らかにおかしいです。

朝方まで働いたら、どう考えても105時間に
はなりません。
サービス残業の分は削られていたんじゃない
かと思います。
kj0546高橋さんは昨年12月25日のクリスマスに
住んでいた都内の電通の女子寮で自殺しまし
た。

SNSでは同僚・友人に「死にたい」などのメ
ッセージを度々送っていたらしいです。
それほど精神的にも肉体的にも疲弊していた
のでしょう。
kj0547
実は過去に、この高橋さんの他にも過労死で
亡くなった方がいるんですね。電通社員で。

1991年の新卒過労死事件。
最高裁まで争われましたが、判決を以って終
結しました。

企業には、従業員の労働時間を管理し、過労
死を防止する義務がある
ということを司法が明確化したのにも関わら
ず今回の事件が繰り返されています。

社員をこき使う、そして働いた分の給料は、
全額は支払わないっていうのが、日本の広告
代理店でトップを走る企業、電通のようです
ね。

電通は、企業理念として「Good Innovation.
」(グッド・イノベーション)という言葉を
掲げています。

この「イノベーション」という言葉には、単
なる技術革新ということだけでなく、自らの
働き方を変革するとともに、アイデアによっ
て新たな価値を創造し、社会全体に、より良
い利益と幸せをもたらす企業グループであり
たいという私たちの決意が込められています

とある。

そのためには、多少の犠牲があっても問題な
しとでも言いたいのでしょうか?

まあ、今後も過労死が増えることは、間違い
ないでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる