Life-Plus50

ニュースを違った視点から見るブログ

気になります!

大統領専用車の値段に驚愕!ドアの厚さやナンバーの秘密について

大統領専用車の値段に驚愕!ドアの厚さやナンバーの秘密について

トランプ大統領が日本へ来日した際に話題を
生んだ大統領専用車。

今回はその全貌やトップシークレットな部分
まで徹底的に調べてみました。

安倍総理を乗せたその大統領専用車は一体ど
のような秘密が隠されているのか、またその
性能に驚くこと間違いなしですよ。

米大統領専用車【ビースト】とは?

アメリカ合衆国大統領のトランプ大統領が乗
り込む愛用の大統領専用車。

その名もビーストと呼ばれています。
まさに野獣です!

写真は、飛行機で日本へ運ばれてくる様子で
す。
詳しいスペックは、トップシークレットでは
ありますが、大統領警護機関がシークレット
サービス公式ホームページで大統領専用車に
関する情報が公開されているのですね~

普通の高級車ではなくパワフルで攻撃をされ
ても頑丈なクルマということで『走る執務室
&シェルター』とも言われているほど、最新
式の装備で大統領を安全に守れるよう作られ
ています。

全長は5.5mで全高1.8m、重力も8トン以上と
いう超ド級な大統領専用車で内部は通信装備
も備わっており核ミサイル発射ボタンもある
という噂も…。

最優先に指示を本国へ伝達することも可能で
移動型司令室にもなり有事のほとんどがこの
車内でこなせるようになっているのです。

しかし来日するたびに、このドでかい車を持
ってくるんですからスゴイですよね!

ナンバーは前後で違うの?

11月5日に来日したトランプ大統領の大統領
専用車『ビースト』のナンバープレートが前
後で違うことが話題になりました。

テレビの生中継で大統領専用車が映り込み、
車両が特定されることを避けるためにアメリ
カ側は来日する際、事前に2台分のナンバー
プレートを取得し車両の前後に別のナンバー
プレートをつけました。

両方のナンバープレートが浮き彫りになれば
特定されてしまいそうですが…また違うナン
バープレートを取得するのでしょうかね。

値段やドアの仕様とは?

特殊鉄鋼等で作られた軍用グレード装甲に防
弾ガラスで車体が構成されています。

更にはミサイルや爆弾、地雷から大統領を守
れる強度が備えられていて大統領専用車のド
アの厚さなんと20センチ!!
防弾ガラスの厚さは
12センチ以上!
というから凄すぎます!

ドアだけでもかなりの重量がありそうですね。
パワーウィンドウじゃなかったら窓開けれま
せんね、重すぎて笑

もちろん火災が起きても燃料タンクに自動消
火装備が完備されています。

また、化学兵器による襲撃にも耐えられるよ
うに完全密封をされていてタイヤはランフラ
ットタイヤでパンクにも耐えられるとあり、
万が一のために輸血用血液剤や酸素ボンベな
どあって完全無敵な大統領専用車なのです。

お値段は、
なんと約30万ドル(約3000万円)
言われています。
基本にこれを2台体制で走っているのです。

今回は大統領専用車ビーストについて様々な
仕様についてご紹介致しました。

やはり大統領専用車というのはドアひとつと
っても一般人の想像をはるかに超えてきまし
たね。

次元の違うクルマの全貌を知るとともにそれ
だけ危険と隣り合わせだということがよく分
かりました。

過激な発言で取り上げられることの多いトラ
ンプ大統領ですのでしっかりこの車で命を大
切にしてもらいたいものです。

 

URL
TBURL

コメント入力フォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top