Life-Plus50

ニュースを違った視点から見るブログ

iqos

iqos(アイコス)に有害物質ある?紙巻きタバコと比較してみた結果は?

iqos(アイコス)に有害物質ある?紙巻きタバコと比較してみた結果は?

最近ではiqos(アイコス)の有害物質について、多く騒がれています。

紙巻きタバコよりiqos(アイコス)の方が有害物質が多いのでは!?という声もチラホラ…。

タールが含まれていないiqos(アイコス)の方が断然、体にはいいと思っている人も多いと思います。僕もその一人ですし笑。でも、果たしてどこまでがホントなのか、iqosの方がさらに悪いなんて研究結果もあったりと、どれが本当か分からなくなっていますね。

今回は紙巻きタバコとiqos(アイコス)の有害物質についてフォーカスしてみたいと思います。徹底比較してみますね!

スポンサードリンク


iqos(アイコス)に有害物質って含まれる?

結論から言うとiqos(アイコス)にも有害物質は含まれます。

コカインやヘロインなどと同じレベルの依存性を誇るニコチンも含まれるので、iqos(アイコス)もちゃんとしたタバコだということを忘れないでおきましょう。

ただ、有害物質の全く違います!

iqos(アイコス)の場合は紙巻きタバコを燃やすと発生してしまう一酸化炭素やタールなどの有害物質をできるかぎり、抑えることに成功しているのです。

なんとアイコスは20年以上の研究を経て燃焼する紙巻きタバコに比べ、有害物質を90%も削減することに成功しました。

また、煙にはグリセリン、水、ニコチンがほとんどです。

煙の量が圧倒的に少ない理由はここにあったようですね。

でもまだ油断をしてはいけなかった…。

次は紙巻きタバコとアイコスの具体的な比較をしてみたのでご覧下さい。

紙巻きタバコと比較してみた!

紙巻きタバコとアイコスの決定的な違いを比較してみました。

紙巻きタバコ iqos(アイコス)
タール含む タール含まない
ニコチン含む ニコチン含む(多)
一酸化炭素含む 一酸化炭素含む(少)
煙を吸う 水蒸気を吸う
燃焼式 加熱式
充電不要 要充電

火の後始末が大変で灰皿が必須。

ゴミ箱にも捨てられるほど安全。

紙巻きタバコの場合、タールは含むのですが依存性の高いニコチンを摂取する量はアイコスの方が多いということがわかりました。

アイコスの場合、水蒸気を体内に入れ込むのですがニコチンは水に溶けやすいので摂取しやすくなってしまいます。

摂取するニコチンが多いことによって、アイコスに替えるとヤニクラを引き起こす方が多いようです。

ただ、紙巻きタバコよりはタールを含まず一酸化炭素も大幅に軽減されているので有害物質を大幅にカットされているというのはホント。

紙巻きタバコのようにアイコスを吸ってしまうとニコチンを摂取する量が多くなりがちなので吹かしながら調節することが大切となります。

さいごに…

今回の記事でアイコスのイメージが覆された方も多いのではないでしょうか。

有害物質の何もかもがタバコよりもアイコスの方が少ない…というわけではなかったようですね。

あくまでタバコを吸っている意識は忘れないでおきましょう。

アイコスも紙巻きタバコも有害物質は含まれているので体を第一に考え、ほどほどにしてくださいね。

URL
TBURL

コメント入力フォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top