Life-Plus50

ニュースを違った視点から見るブログ

iqos

iqos(アイコス)を授乳中に吸うと母乳から赤ちゃんへ影響は出るのか?

iqos(アイコス)を授乳中に吸うと母乳から赤ちゃんへ影響は出るのか?

iqos(アイコス)による母乳への影響って、そんなに無さそうな気がしてしまいがちですが…

実は妊婦の時を含め授乳中も赤ちゃんにとって危険な問題がありました!電子タバコといえど、やはりタバコなんですね~。体には悪影響をやっぱり及ぼす可能性があるようです。

今回は、そんなiqos(アイコス)を吸っているお母さんが赤ちゃんへ及ぼす悪影響についてご紹介致します。

スポンサードリンク


iqos(アイコス)は母乳に影響あるのか?

『紙タバコがダメでも有害物質の少ないアイコスなら大丈夫なのかな…?』

と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。

実は紙タバコやiqos(アイコス)に含まれるニコチンというものは妊娠している時から赤ちゃんへ悪影響を与えてしまいます。

お母さんが口にしたものが良くも悪くも栄養となって赤ちゃんに流れていくのです。

また、残念なことにニコチンは母乳へ移行しやすくお母さんが吸ったアイコスのニコチン濃度がそのまま小さい体の赤ちゃんへと流れ込みます。

母乳にも関わらず、赤ちゃんがタバコを吸った時と同じような悪影響をもたらすのです。

授乳中に吸っても大丈夫なのか?

どうしても授乳中に吸いたくなってしまった場合は紙タバコよりiqos(アイコス)の方が悪影響が少ないのでオススメですが…

吸ってしまった場合はかなりの時間を空けてから授乳するようにしましょう。

ニコチンの濃度がかなり下がってから赤ちゃんに授乳してあげなくては危険です。

お母さんとしてもニコチンは依存性の高い物質なので濃度を下げる行為は辛いものがあります。

基本的に我慢出来る場合は吸わない方が良さそうですね。

タバコが赤ちゃんに与える影響とは?

iqos(アイコス)を吸うことで赤ちゃんに母乳から与えてしまうかもしれない受動喫煙の影響は

・発達障害
・知能指数の低下
・アトピー性皮膚炎
・動脈硬化
・嘔吐、下痢、多動
・SIDS(乳児突然死症候群)

以上の影響が考えられます。

そして、赤ちゃんも幼い頃からニコチン依存性になる可能性が高く将来的に喫煙者となりやすいのです。

また、赤ちゃんだけでなくニコチンによって母体の血管が収縮し、母乳の量が減ってしまうので非常に危険。

本来なら母乳によって免疫力が培われ栄養が補われるはずなのに母乳が少ない上に病気など悪影響が出てしまったら可哀想ですよね。

iqos(アイコス)でも紙タバコでも妊娠中の喫煙はリスクが大きいということを頭に入れておきましょう。

関連記事:
iqos(アイコス)の受動喫煙!赤ちゃんや妊婦への影響は?旦那も禁煙?

さいごに…

アイコス愛用者にとっては禁煙って辛いものがありますよね。

ただ、妊婦のあいだは赤ちゃんを優先的に考えてあげるようにしましょう。

きっとニコチンの影響を受けていない赤ちゃんは健やかに育ってくれるはずです!

貴女の愛情で赤ちゃんの未来を明るくさせてあげてくださいね♪

URL
TBURL

コメント入力フォーム

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top