>>ブログを始めよう!今なら無料ドメインもらえる!<<

マスク買えない!布マスクの洗濯方法や殺菌・消毒について調べてみた

新型コロナウイルス感染が拡大してますね。東京では感染者の数がついに100人を超えましたし、地方でも感染者の数は増えていってます。これからどうなるのか不安でしょうがないです。

一時横行した転売目的のマスク買い占めは落ち着いたかのように見えますが、ドラッグストアやコンビニにいっても全く売ってないし、入荷されたとしても即完売する状況です。

マスク不足が続く中、安倍総理は自身もつけている布製のマスクを全世帯に2枚ずつ配布すると表明されました。

医療用マスクは買えないし、布マスクは目が大きくウイルスを通しやすいと言われているけど、悩んでも状況代わるわけでもないので、今後どうしていけばいいのかを自分なりに考えてみました。

目次

布マスクの洗濯と殺菌・消毒について

安倍総理が表明した布マスクを待っている時間はないし、医療用のマスクが買えないので量販店などで売っている布マスクを購入し、実家の親にもあげました。

布マスクは医療用マスクに比べると目が大きくウイルスを通しやすいと言われていますが、マスクをしないよりかはマシでしょう。

マスクをしないよりは、していたほうが精神的にもいいし感染拡大を防ぐ咳エチケットにも有効ということもあるので、一定のメリットはあるかと思います。

また洗濯や殺菌・消毒すれば繰り返し使用できるところが、布マスクの最大のメリットだと思います。

布マスクの洗い方は以下を参考にしてみてください。

  1. 容器に洗剤を入れてマスクを10分ほどつけます。
  2. 軽く押し洗いする。(※繊維が傷つく為、もみ洗いしない)
  3. 容器に水をためてから、マスクの洗剤をすすぎます。
  4. 十分すすぎ、タオル等で水気を切ってから日陰で乾かします。

★一日一回は洗うようにしましょう。

また、洗濯する時間が中々できないという人には、除菌スプレーを使うのもいいと思います。

ウィルス予防、除菌、消臭、カビ予防対策に!次亜塩素酸水「キノット」

マスクの外側や内側にスプレーするだけなので簡単です。これだと今持っている医療用マスクにも使えますね。

実家の親は体をあまり動かせないので、こういった簡単に殺菌・消毒できるほうが助かるみたいです。

マスクも枚数少ないから少しでも長持ちさせるためにも使えるんじゃないかなと思います。

マスクはなぜ買えないのか

国内メーカは24時間体制で通常の3倍となる増産を続けているようです。また異業種のシャープなども液晶ディスプレー工場のクリーンルームを使用してマスクを作っているとか。

マスクを作っている仕事に携わっている方々には、本当に感謝しかありません。

がしかし、足りないというか買えない!

それが現状です。

医療機関や老人ホーム、公共交通機関など必要性の高いところを中心にマスクを供給するのは最もなことです。

でも政府が示していた月間6億枚?7億枚?のマスク増産しても、店頭に回るまでの数としては足りないのが現状なんじゃないかなと思ってます。

使い捨てマスクなら一人月30枚。4人家族なら120枚必要ですよね。

今のような不安な状況がつづくようであれば、マスク売ってたら予備はあったとしても買っておこうという心理に誰もがなるんじゃないでしょうか。

ドラッグストアなどでは朝から行列になってるなんて聞いたこともあります。

だから6億枚程度では全然足りないんだと思います。おそらくその10倍、100倍ぐらいの供給量がないとマスク不足は解消されないと思います。

マスク買える確率が高い場所

医療従事者ではありませんが、仕事上病院へ行くことが多いためマスクが必須となっています。

都市部は分かりませんが、地方などでは大きな病院に併設されているコンビニや売店などでは、比較的マスクを購入できる確率が高いです。

お見舞いや面会等で来院された方のために一定数は販売しているのだと思われます。

ただし今はどこの病院も外部者の面会を禁止しているところが大半なので、確率も減っているとは思います。

購入できたとしても1人1枚~2枚。僕が購入できた時も2枚でした。

この状況が早く収束することを願うばかりです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる