Life-Plus50

ニュースを違った視点から見るブログ

事件・ニュース

武邦彦の死因が謎!元JRA騎手で調教師でターフの魔術師死去!

武邦彦の死因が謎!元JRA騎手で調教師でターフの魔術師死去!

武邦彦のプロフィール

名前 武 邦彦(たけ くにひこ)
生年月日 1938年10月20日(享年77歳)
出身 京都府京都市
デビュー 19歳

武邦彦さんの家は、馬術家の名家。

祖父の彦七さんは、多くの騎手・調教師を育てた
馬術家、そして父・芳彦さんは北海道馬主協会の
重鎮という、スゴイ家の生まれで、いわゆる
サラブレッドです!

競馬をやったことがない人や関心がない人に
とっては、武邦彦って誰?って思うかもしれま
せんが、三男の武豊さんの父親といえば分かり
ますかね?

2VB+$r>K9%M:%*!<%J!<!"IpFaD465;U!"IpK-!"Ip9,;MO:

武豊さんは、競馬界のみならずスポーツ選手
としても、世間から認知されている競馬界の
レジェンドですね。

競馬知らない人でも、この馬は知ってると
思いますが、オグリキャップという馬に乗って
いた人です、武豊さんは。
小栗旬ではなくて、オグリキャップですよw

武邦彦さん自身も、若いころはJRA騎手として
活躍し、「ターフの魔術師」という愛称で親し
まれていました。

1998年に武豊さんが、日本ダービーを優勝した
ことで、JRA史上3組目の親子ダービージョッキー
が誕生したことも、競馬ファンの中では有名です。

四男幸四郎さんもJRA騎手ですが、何年か前は
居酒屋で居合わせた客の男に殴られて重傷を
おったとかの事件があったような記憶が
ありますw

何やってんのかな?「武豊の弟」さん。

まあ、そんなある意味世間では有名な子供たち
を持つ父、武邦彦だったわけです。

ターフの魔術師と呼ばれ活躍!

KJ0238ターフの魔術師の異名をとった武邦彦さんの
現役のころの成績と調教師となった、その後
を調べてみました。

< JRA騎手時代 >

  • JRA通算7679戦1163勝!
  • 重賞、80勝!(72年日本ダービー、73年菊花賞)
  • 80年に史上5人目の通算1000勝を達成!
  • 年間1位のリーディングジョッキーは達成できず

<調教師時代とその後>

  • 1984年 調教師免許を取得
  • 1987年 栗東トレーニングセンターに厩舎を開業
  • 1989年 バンブーメモリーで安田記念優勝、G1初制覇
  • 2009年 調教師を定年引退
  • 2009年以降 競馬評論家・解説者として活躍

騎手としても、調教師としても、素晴らしい実績
を残してますね。

武邦彦の死因は一体何?

その武邦彦さんがお亡くなりになりました。

死因は不明です。病気と公表はされていますが。。
「癌」ですかね?
お酒は好きだったこともあって、肝臓を悪くして
たのでしょうか?

まあ、現在のところ死因については不明となって
います。徐々に分かるとは思いますが。

今まで持病をお持ちとかいう情報は全くなかった
のにも関わらず、突然の訃報でした。

競馬ファンにとって非常に残念でなりません。
心よりご冥福をお祈りいたします。

URL
TBURL

コメント入力フォーム

*
*
* (公開されません)

Return Top